Instruction of ROLLER

FUTURE FUNK 「ROLLER」モデルの取扱説明・Q&A
   
 
<デモンストレーションモード>
Aボタンを押すとローラーが3周回り、 現在時刻で停止します 
 
<電池セーブモード>
Bボタンを3押すローラー回り、 12:00 で止まります。
このモードではローラーが回転せず、 電池の消耗少なくなります。 
AB、C、D いずれかのボタンを押すと自動的に現在時刻に戻ります。
<ローラー位置の修正方法>

時刻を合わせる前に、 数字の位置がずれている場合は以下の方法で位置を修正してください。 強い衝撃等により数字の位置がずれることがありますので、その場合にも以下の方法で位置の修正を行なってください。 

1.  Dボタンを2秒間押します。 全てのローラーが回り、しばらくすると止まります。  

2.  全てのローラーを調整してまっすぐ12:00になるように合わせます

3.  各ローラーは以下のボタンで調整できます。 短く押すと細かく進みます。長押しすると進み続けます。

     Aボタン :  右のローラー

     Bボタン :  中央のローラー

     Cボタン :  のローラー

※ 調整中に15秒間どのボタンも押さずに経過すると、自動的に時刻モードに戻ります。

上記の手順を行なった後、Dボタンを押すか、15秒経過するとローラーが回り始め、時刻表示で止まります

止まった時間が在時刻と異なる場合以下の時刻合わせ方法に従って時刻を合わせてください。 

 

<時刻の合わせ方>

Cボタンを2秒間押すと時間を表すローラー(左)が動きます。これが時刻合わせモードになったことを示しています。

Cボタン ワンプッシュ : 左のローラーが進みます。 長押し : 早く進みます。 

Bボタン ワンプッシュ : 中央のローラーが進みます。 長押し : 早く進みます。  

Cボタン  ワンプッシュ :中央のローラーが進みます。 長押し : 早く進みます。 

 

全てのローラーを現在の時刻に合わせたらDボタンを押すか、 15秒経過するのを待ちます。 ローラーが1周して時刻合わせモードが終了します。

※これらの動作中に15 秒間、ボタンを押さない状態で経過するとローラーが回転をして自動的に時刻表示に戻ります。  

 

こんな時は…

・使用している間に数字の位置がずれてしまった

・使用している間に中央のローラー「6」「7」「8」「9」 が出てしまった

→「ローラー位置の修正」 を行なってください

 

・ローラーが回らない 

→ 電池切れの可能性があります

 

上記の手順で時刻を合わせることができない場合はコンタクトフォームよりお問い合わせください。